花粉症対策ナビ|花粉症の原因と治療法

スポンサードリンク

花粉症とは?

花粉症は今や日本の風物詩と言えるものになっています。
現在、日本では約25%の花粉症人口が存在すると言われています。

 

全国的なものですが、当然季節が違うように、花粉症も南から北へ進んでいきます。
南では2月頃から始まる花粉症の症状も最終的には6月頃、北の地に到達します。

 

そして、その土地の生えている植物の花粉が人々を悩ませます。
ですから、日本中花粉症を起こす植物は、色とりどりで、私はその植物の花粉で、花粉症になってしまうという独特の“文化”になっています。

 

面白いのは、関東地方に住んでいて、3月頃にピークの花粉症の症状が、北の地に転勤になった途端、花粉症が完治してしまい、その後も花粉症の症状がなくなってしまったということもあり、です。
北の地には、その方を花粉症にする花粉が存在しないということなのでしょう。

花粉症の症状と原因

花粉症

花粉症の症状として、くしゃみ、鼻水、涙目等があります。
花粉というアレルゲンが、その方のアレルギーを呼び起こすもので、代表的なものに季節性アレルギー性鼻炎があります。
日本では、全国で約60種類の植物の花粉が原因とされています。
季節性アレルギー性鼻炎というのですから、鼻炎の症状はもちろんですが、目のかゆみ。涙、充血があったり、喉や皮ふのかゆみ、下痢、熱等さまざまな症状に悩まされます。
そして、花粉がなくなると同時にすべての症状が嘘のようになくなるというのが特徴です。

 

花粉症は、花粉が目や鼻に入ってきて、体内のリンパ球がよそ者と判断をします。
そして、そのよそ者を排除しようと、それに反応する物質を作ります。
それを専門用語で、Ige抗体と呼びます。
そして、このIge抗体ができてしまうと、再び花粉が入ってきた場合、肥満細胞(肥満の原因ではなく、丸い太った細胞のこと)と結合し、ヒスタミン等の化学物質が分泌されて、花粉そのものをとにかく排除しようとさせます。
その時に、くしゃみや鼻水、涙といった水分を使用して、排除してしまいますから、花粉症特有の諸症状が出てしまうということになります。

 

このサイトでは、花粉症対策に有効な食品、サプリ、市販薬についても見てゆきます。
そして病院で受けられる、レーザー治療、免疫治療、舌下免疫療法シダトレンについても解説します。

 

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 


 

 

 

スポンサードリンク